SUPER BEAVERの「ハイライト」を聴いた感想

こんにちは。でじここです。
今日は、最近よく聴いている曲を紹介します。
SUPER BEAVERの「ハイライト」です。

SUPER BEAVERとは

SUPER BEAVER(スーパービーバー)は、日本の4人組ロックバンド。2005年結成。所属レーベルはSony Records。(Wikipediaより)

インディーズからメジャーデビューし、順風満帆と思われたものの、再びインディーズへ戻り、今年6月再度メジャーに戻るという奇跡的な軌跡を辿るバンドです。

メンバーは

渋谷龍太さん(ボーカル)
柳沢亮太さん(ギター)
上杉研太さん(ベース)
藤原広明さん(ドラムス)

です。

ボーカルの渋谷龍太さんの長い髪が印象的ですね。
以前は短髪だったようですが、長髪がよく似合っていると思います。
アイメイクもされているようですが、それも素敵だと思います。
また、コロナウイルスに感染されたとの事で、ドラムの藤原広明さんはニュースにもなっていました。

SUPER BEAVERの曲を聴いたきっかけ

SUPER BEAVERの曲を聴いたきっかけ、
それはダウンタウンの音楽番組「HEY!HEY!NEO!」に出演していたのをたまたま見た事でした。

元々は、THE ORAL CIGARETTESを見ようと思って録っておいた番組でした。
そこで彼らが登場。
バンドの存在は知っていたのですが、聴いたことは一度もありませんでした。

SUPER BEAVERの「ハイライト」を聴いた感想

番組を見ていた流れで、そのまま聴いてみることに。

・・・

・・・

えっ……なにこれエモい…。 熱い。 めっちゃいい曲……!!

失礼ながら意外でした。

そのルックスから、何となくミクスチャーっぽい「ギャー!!」みたいな音楽かと勝手に想像しておりました。

歌詞が熱くて、人生に迷い気味の私の心に刺さりました。

今がもし最後になっても構わないなんてやっぱり思えなくて
これからもずっと続いていくように そのために僕は必死でありたいのさ
忘れてしまった それにも気が付いていないような
忘れたくなかった 思いも山ほどあるだろう
だからこそ思うんだ それでも煌めくような
圧倒的な感動を 圧倒的な感情を 何回だって
僕らの人生に咲き誇り続ける 語り続けたくなる ハイライトを
おかげで今がある だから今日も生きている
そう言いたくなるようなハイライトを
喜びだけじゃない 悔しさ悲しさも 怒りも虚しさも
死ぬまで死なないように
そのために僕らは必死でありたいよな

これ、歌詞サイト見らずに打ちました。
もう歌詞覚えるほど聴いてます。

作っていきたいです。人生のハイライト。
何かに必死でありたいです。

そして、ボーカルの渋谷龍太さんの声がいい。
声が通ると言うか、スーッと心に届くようないい声で、歌がうまいです。
ロックバンドの方って、歌が本当にうまい人と、うまく見せられる技術を持っている人がいるような気がしているんですが
渋谷さんは前者だと思います。

SUPER BEAVER、激しい系のバンドかと思いきや
心に響く歌詞とメロディーで、好きになりました。

コロナの影響でライブは延期になってますが、
佐賀GEILSでの予定もある事を知り、すごく行きたくなっています。
チケットはすでにSOLDOUTですが、キャンセルが出たら是非行きたいです。

ライブはもう2年ほど行っていないですね。
最後に行ったのは、2019年の福岡でのマキシマムザホルモンのライブでした。
感動しすぎて、嗚咽が出るほど一人で号泣しながら見たのは忘れられません。

モッシュ、ダイブ、ヘドバンの中、暴れたいなぁ。

  • この記事を書いた人

でじここ

2020年フリーランスのWebライターになった主婦のブログです。生活や仕事、趣味などについて記事にしています。

-つかってないかてごり, 音を楽しむ
-, , ,

© 2020 でじここブログ